こはるおとの雑記ブログ

音楽・写真素材屋「こはるおとの素材工房」内の雑記ブログです。
ガーデニングや花のこと、音楽のこと、ハンドメイドのことなど。好きなものや思ったことを書きます。

ガーデニングの基本・用語・育て方を解説!花を綺麗に楽しむために

投稿:2022/10/01 カテゴリー:花・園芸

どうもこはるおとです。

今日は花ガーデニングの基本について書いてみます。

ガーデニングはすぐ始められて、植物の生命力ですから難しいこともそんなにないのですが、いくつか気にするだけでより綺麗に花を咲かせることができます。

だいたいの草花に共通することですので、よければご参考に。

ガーデニングに必要なもの

花苗

種まきもできますが、苗を買った方が確実で、また早くあります。
金銭的に大丈夫であれば、個人的には苗がおすすめです。

コストを抑え、たくさん咲かせたい場合は種を選ぶといいと思います。

培養土

基本的に市販の培養土でだいたいの花は綺麗に咲きます。
花ごとに専用の土があったり、自作もできますが、私は特に市販の培養土で困ったことはありません。

肥料

花を咲かせるのに肥料は欠かせません。

培養土や肥料の中には肥料効果が1年持つものもあります。
1年で花を入れ替える私はもっぱらそれ。

肥料が1年持つ土は、私はナフコというホームセンターの「EX培養土」使ってますが、通販だと「大宮グリーンサービス プランター培養土」「平和 贅沢な花の土」とかあります。

鉢底石

水はけをよくするために、プランターや植木鉢の底に敷きます。
根腐れなども防止できます。

プランター・植木鉢

鉢植えで必要になります。
1号は3cmで数えられます。

苗より1~2まわり(1~2号分)大きな鉢を選びます。

はさみ、じょうろ、スコップ、手袋など

清潔なはさみは花の茎を切ったりするのに使います。
じょうろは水をやるのに使います。
スコップは土を入れたりするのに使います。

このあたりは想像しやすいと思いますが、ビニール手袋と軍手は個人的に必須です…手荒れしやすく、ガーデニングはかなり負けます。
最初のうちは大丈夫でも、数か月くらいで影響が出始めるので、肌が弱い方は用意しておきましょう。(これ甘く見てたら手がボロボロになりました)

ガーデニング用語とその方法

苗の植え付け

苗の植え付け時は苗の根を傷つけないよう、優しく扱います。
土は水やりのスペースを残すため、鉢の縁から2~3cm残して入れます。

水やり

水やりは「毎日」ではなく「土の表面が乾いたときにたっぷりと」。
鉢底から水が流れ出るまでやります。乾きと潤いのメリハリをつけましょう。

夏は暑くなり過ぎない朝や夕方、冬は昼前くらいに。

追肥

肥料の種類などによって頻度は異なりますが、置き肥で月に1回くらいです。
肥料効果が1年持つものもあります。

摘心(ピンチとも言う)

株が若いとき、芽の先端(頂芽)を摘むこと。切った部分からわき芽が成長し、分岐することで枝数や花数が増え、ボリュームある苗になります。
タイミングは花によって異なります。

「本葉が何枚の頃に」が基準の事が多いですが、本葉とは芽が出て最初の2枚の葉(双葉)以降の葉のことです。

切り戻し

ある程度咲いて、花が減ってきた、伸びて形が乱れてきたときに、割とバッサリ(1/2~1/3くらいに)切ること。わき芽が出て再び花が咲きます。

花がら摘み

咲き終わった花を摘むこと。
種を作ろうとするのに養分を取られるのを防いだり、病気の原因の1つを取り除けます。

ガーデニングはやってみると楽しい

ガーデニング、最初は難しそうなイメージがありましたが、慣れればそうでもないです。
まあまあ放置でも元気に育つので、植物は本当にすごいなぁ…と実感しています。

日に日に育つ実感は楽しいし、お花は癒されます。

最後に

ガーデニングの基本について書いてみました。

個人的に、最初は「摘心」と「切り戻し」がなんだそれ…でしたが、意外と大事な作業でした。

ガーデニングはやってみないと分からない部分が多い…というかほとんどなので、失敗することもありますが、これは経験だなと思います。

私もまだまだ初心者ですが、これからものんびりやっていこうと思います。

ご覧いただきありがとうございます。

宣伝

0
  このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 前の記事
ブログトップ
次の記事 >>

関連記事

コメント一覧

まだコメントはありません。

コメントを残す

※削除・編集はできないのでご注意ください。(お申し付けいただければ、こちらで削除・修正します)

※こちらで不適切な投稿、又はURLと判断した場合、予告なくそれらを削除する場合がございます。

※ひらがなかカタカナが含まれないと送信されません。

※通常1日以内にお返事しますので、よければご確認ください。

※記事は消すことがあり、コメントが半永久的に残り続けるとは限らない事にご同意ください。

※管理人は絹ごし豆腐以下のメンタルですのでお手柔らかに…傷つく物言いは消します。

名前:
サイトURL(任意):
ダミーフォーム(スパム対策):
コメント: