こはるおとの音楽スタジオ

BGMや作詞用の曲素材に!無料で著作権フリー・商用利用可のインストポップ・BGMを紹介しています。
楽曲はゆったり優しいものが多く、「心に寄り添うリラクゼーション系ポップ」をコンセプトに作っています。

SNSに疲れたら…ブログをやるという選択肢【疲れにくいメディア】

投稿:2021/09/14 カテゴリー:ブログ・SNS

どうも。

私は2年ほど前からブログ、ツイッターをやっていますが、SNSってなんだか疲れます。
SNS特有の、人や情報の流れが私には合わないんです。

今回はSNS疲れを起こしたら、ブログをやってみるのもいいかも、という話です。

ブログの良さとか語っていきます。

こういう記事、前のブログでも2回ほど書いてたのですが消してます。コメント頂いたのに申し訳ない…これはもう消しません。

SNS疲れの原因

まず、SNSに疲れる要因です。

人や情報が多すぎる

人や情報過多はSNS疲れの大きな原因だと思います。

あまりの多さに頭がついていけないし、それらに触れ続けることで疲れちゃいます。

情報に関してはネガティブなもの、攻撃的なものなど、見たくない情報まで入ってくることもあるものです。

広く浅い人との交流

SNSは多くの人と繋がれる一方、一人一人との交流は浅くなる傾向を感じます。

手軽・気軽に繋がれるからなんでしょうかね。

特に内向的でマイペースな私には、その関係が負担に感じます。

早すぎる時間の流れ

SNSは基本、通知もすぐ来るしリアルタイムでのやりとりです。
LINEもそうですよね。

これがせかされているようで、疲れちゃいます。

また、次々に流れてくる投稿にもついていけません。
上記の通り、それに加えた情報過多は負担です。

数に振り回される

いいねやフォロワーに一喜一憂するのも疲れの原因です。

「この投稿伸びないな…」「またフォロワー減った…」
こんなことを気にしてるうちに、それそのものが目的になったりします。

素直に向き合えないです。

手軽すぎる

アプリ一つですぐ開けるSNSは、その手軽さからのめり込みやすいです。
無意識に開いてることも結構あります。

その上で上記の要因が重なって、疲れやすい状態になります。

SNSに疲れたら…ブログはどう?

上記の要因から疲れやすいと感じるSNS。
そんな中で「ブログ」は比較的疲れにくいのではと感じています。

以下、ブログの特徴です。

限られた情報・人になる

SNSは情報で溢れてる一方、ブログは必要な情報にのみ触れることになります。

検索エンジンで検索したら本当に欲しい情報だけだし、誰かのブログを見に行ってもその人の書いた記事だけ。
余計なものが入ってきません。

情報疲れを起こしにくいです。

また、人もそんなに多くありません。

仮にアクセスは1万とか行ってても、ほとんどの人はコメントや拍手を残しません。
なので人で溢れかえることは、よほどの有名人でない限りないでしょう。

狭く深い人との交流

SNSは「広く浅い」と言った一方、ブログは「狭く深い」だと思います。

交流に至るまのは難しい一方、至ってしまえば深い関係になると感じています。

相手のブログにコメント残して、そこからお互いのブログにコメント残す関係になったり、見てくれた人がファンになってくれたり。

一人一人と向き合いやすいのもブログの特徴です。

ゆったりした時間の流れ

ブログは比較的ゆったりと時間が流れます。

リアルタイムのやり取りになることはまずなく、だいたい何時間、何日単位です。
投稿を見るにしてもそんなに気軽で頻繁な投稿はありません。

このお手紙のような時間の流れがとても楽で、疲れにくいと感じます。

気にする「数」がない

フォロワー数とか、気にする必要がありません。(サービスによっては読者やフォロー機能があるので、ないのがオススメ)

一応web拍手とかの機能はありますが、そもそもそんなに高頻度で貰えるものでないし、ゆったりした時間の流れのおかげでしょうか、そんなに気にしにくいです。

手間がかかる

アプリですぐ開けるSNSと違い、ブログはブラウザで開く手間があります。

これが逆にのめり込みにくいので、見すぎによる負担が生まれにくいです。

また「気づいたら何時間も見てた」なんてことも起こりにくいでしょう。
(起こったとしてもそれはそのブログに引き込まれていて、有意義な時間なのでしょう。)

SNSを離れてブログに移す場合

これらのメリットからSNSからブログに移行するのはひとつの手段だと思います。

しかしSNSをやめてブログに移行する場合、SNSアカウント自体は残しておくことをオススメします。
そこからブログに案内しておけば、そこから来る人がいる可能性があるからです。

SNSには触れないために、アプリを消したり、パスワードを適当に設定し自分で分からない状態にしたりと、工夫するのもいいでしょう。

まとめ

ブログのメリットとか書いてみました。

私にはブログがとても気楽に感じますが、人によっては合わなかったりするでしょう。

結局は自分にあったメディアとの向き合い方を見つけるのが一番です。
どうしても合わなければ完全に断ってしまうのも手です。

その上で、ブログも候補に入れてみてはいかかでしょうか。

以上です。ご覧いただきありがとうございます。

1
共有する:

関連記事