こはるおとの雑記ブログ

音楽・写真素材屋「こはるおとの素材工房」内の雑記ブログです。
ガーデニングや花のこと、音楽のこと、ハンドメイドのことなど。好きなものや思ったことを書きます。

ただの日記ブログを書く3つのメリット。SNSや個人的日記との違い

投稿:2022/11/02 カテゴリー:ブログ・SNS

どうもこはるおとです。

私はブログって元々、ただの日記から始めました。
アメブロで推しキャラについてひたすら語っていたのですが、楽しかったです。

それからブログサービスを転々として今に至るのですが、今回は「ただ日記をブログに書く」良さを語っていきます。

日記ブログとは

最近ブログというと「稼ぐためのもの」みたいになってきました。
SNSの普及もあるでしょう。
まあ時代の流れなのかもですが、SNSとか普及してなかった頃はブログで日記書くことも多かったと存じます。

ここでは気軽に「取り留めなく出来事を綴る」「思ったことを書く」ものを日記ブログということにします。

あえてブログで日記を書く良さ

SNSでもなく、稼ぐブログでもなく、日記としてブログを書くメリットを挙げてみます。

感情を共有できる

感情を吐き出し、共有することで発散できる部分があります。

ノートや紙に書き出すのも落ち着くものですが、人と共有できたら一層スッキリするはずです。
特別コメントとかなくても「見てもらった」事実だけで意外と嬉しいんです。

「こんな事が良かった・嫌だった」文章だからこそ素直に吐き出しやすいですし、同じ考えの人ほどその記事に来やすいですし、
本音を書くには最適な場所だと思うんです。

交流が出来る

近い考えの人と交流するのは楽しいものです。

ブログをきっかけに生まれた交流、意外とSNSより深い関係になりやすいのを感じます。
SNSは「広く浅く」ブログは「狭く深く」な印象です。

お互いがブログを持っていれば行き来したり…SNSにはない深みのあるやり取りができます。

個人的に即時性のない、お手紙のように流れる時間が気楽に思います。

備忘録になる

ノートよりパッと見返しやすいブログは、備忘録にも最適です。
そしてそれが誰かの役に立つこともよくあります。

こういうブログ記事は個人的な体験談などから書くことが多いので、私としては個人の意見ややり方に触れられて、かなり有益なものだと思っています。

月別アーカイブやカテゴリー分けって、ノートに書くとかじゃ結構大変ですし、情報のまとめやすさは魅力的です。

SNSや個人的日記との違い

SNSよりゆったり深みのあるやり取りができるのは上に書きました。
発信もSNSとは違う、時間や情報の流れ方があります。

個人的にノートに書く日記と比べるとすれば、やはり「感情を共有できる」良さがあるでしょう。
単純に日記代わりにするもよしですが、見てもらうとまた違った気分になります。

ブログサービスのおすすめ

日記ブログを書くサービスとしては、個人的にはアメブロがおすすめ。
いいね、フォロー、リブログなど、SNS的要素があり交流しやすいこと、また利用者数が多いことなどからです。

他にははてなブログ、FC2ブログがいいでしょう。結構使われてます。

ちなみに:日記ブログを収益化できる?

日記ブログを収益化するのは多くの所ではおすすめされてない気がします。
おそらくアフィリエイトに繋げにくいからでしょう。

でもアドセンス(バナー広告貼るアレ)なら日記や雑記と相性が良いです。
収益は単純にアクセス数に比例します。

何も工夫しないと大きく稼ぐことは難しいかもですが、思ったこと・あったことを書いてるからと言って、必ずしも収益化が出来ない訳ではありません。

ちなみに収益化するならWordPressなどのオリジナルブログがおすすめ。
利用規約とか、商用利用(広告の貼り付けなど)禁止とかあると、ややこしいですからね。

最後に

日記ブログ、完全な趣味で書いてた時期は本当に良かったと思います。

今は活動として書いてるので趣味としての「完全な日記」とはいきませんが、たまには気軽な記事を書きたいもの。

逆に稼ぐブログに疲れたら、こういう記事を取り入れてみるのもいいのかも、と思いました。

では。
ご覧いただきありがとうございます。

宣伝

1
  このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 前の記事
ブログトップ
次の記事 >>

関連記事

コメント一覧

まだコメントはありません。

コメントを残す

※削除・編集はできないのでご注意ください。(お申し付けいただければ、こちらで削除・修正します)

※こちらで不適切な投稿、又はURLと判断した場合、予告なくそれらを削除する場合がございます。

※ひらがなかカタカナが含まれないと送信されません。

※通常1日以内にお返事しますので、よければご確認ください。

※記事は消すことがあり、コメントが半永久的に残り続けるとは限らない事にご同意ください。

※管理人は絹ごし豆腐以下のメンタルですのでお手柔らかに…傷つく物言いは消します。

名前:
サイトURL(任意):
ダミーフォーム(スパム対策):
コメント: