こはるおとの雑記ブログ

音楽・写真素材屋「こはるおとの素材工房」内の雑記ブログです。
思ったこと、お花やガーデニング(園芸)、音楽、ハンドメイド…いろいろ書きます。

ユリのおしべの花粉(やく)は取るもの?私があえて取らない理由

投稿:2024/01/23 カテゴリ:花・園芸

どうも。

百合の花を飾ったりする際、多くはおしべの花粉が入った袋(葯、やく)は取った方が良いと紹介されています。
お花屋さんでもだいたい取られて売られてますね。

アルストロメリアとかもお花屋さんでは取られてます。

でも…
私はユリやアルストロメリアの葯は取らないというか、取りたくないですね。

今日は花の飾り方、花のあり方みたいなお話を。

ユリやアルストロメリアの葯を取らない理由

私がユリやアルストロメリアのおしべの花粉、葯を取らない理由は…
単純に取っちゃうと見た目が寂しいからです。
なんからしくないというか。

花はやっぱり自然のままが最も美しいと思っています。
自然の花が自然光に照らされる様子が一番綺麗。

花は花弁、がく、おしべ、めしべ…
あるものすべてがそろって、それが完成された、調和のとれた美しさだと思ってます。

ユリなんて特に葯が目立っていいアクセントになってると感じますね。
葯のないユリの「なんかもの足りない感」に違和感を感じてしまって。

ユリ等の葯は取るべき?

葯を取る理由は「花粉で服、花びらが汚れる」「受粉すると花持ちが悪くなる」などが理由なよう。
それらが気になる場合は取るべきなんでしょうね。
というかこの辺は好みの問題でしょう。

私みたいにありのままで楽しみたい場合は取らなくてもいいのでしょう。

取らないと多少花持ちは悪くなりますが、切り花ってそもそもが儚いものですし、私はそんなに気にしていません。
汚れるとも言いますが、花粉が付いた花びらだって自然の趣きですしね。

ちなみに:ユリやアルストロメリアを撮影するときの葯

私は花の写真素材撮ってますが、撮影するときは極力、葯を残してます。
取れてしまったとか取れた状態しかない場合は葯なしで撮ってますが…

そもそも写真のコンセプトが「ナチュラルな雰囲気、撮影した花らしさを出す」なので、自然なままで撮りたいなと思います。

最後に

ユリなどの花粉(葯)は取べきか、というお話でした。

ご覧いただきありがとうございます。

0
  このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 前の記事
ブログトップ
次の記事 >>

カテゴリ『花・園芸』の記事

ビオラが虫食いに…ナメクジ駆除剤まいたら綺麗に復活した

今は花好きだけど…花に全く興味なく綺麗とも思わなかった時の話

追肥不要で驚くほど育つ!スーパーグレード園芸培土Wレビュー

満開のお花畑への憧れ。ネモフィラにコスモスに…一度見てみたい

秋バラの魅力と写真を紹介。秋の空気のバラ園は最高です

コメント一覧 (1/0ページ)

まだコメントはありません。

1/0ページ

コメントを残す

※ひらがなかカタカナが含まれないと送信されません。
※不快な言葉遣い、傷つく物言いは即刻消します。

お名前:
サイトURL(任意):
ダミーフォーム(スパム対策、入力不要):
コメント: