こはるおとの雑記ブログ

音楽・写真素材屋「こはるおとの素材工房」内の雑記ブログです。
ガーデニングや花のこと、音楽のこと、ハンドメイドのことなど。好きなものや思ったことを書きます。

使いたいのに使えない…著作権の厳しさに疲れ素材屋になった話

投稿:2022/08/01 カテゴリー:その他・雑記

どうも素材屋こはるおとです。

今回は著作権について。

なぜ世の中、こんなにも著作権に厳しく、言ってしまえばうるさいのでしょうか。

自分・他人の著作物を守るためのものですが、時に不自由に感じることがあります。

そんな使いづらさから「誰かには著作権なんて気にしてほしくない!」と素材屋になった訳ですが、今回は著作権の縛りの話。

素材屋になったきっかけ「著作権の不自由さ」

そもそも素材屋になったのは、素材屋になりたかったからではないんです。

元々普通に音楽を配布していたのですが、
その中で、著作権に悩んできた身として「皆さんにはそんなもの気にせず、自由に使ってほしい」と使用を許可していたのがきっかけです。

それから活動を転々として、結局音楽や写真のみが残りました。
つまり意識せず自然と素材屋になったんです。

「使いたいのに使えない」と悩んできた過去

「著作権に悩んできた」こんな経緯があります。

これは創作を始めた小6くらいのこと。 好きなゲームのキャラクターを描いて、アップロードしたかった…

でも知ったのは著作権の存在。 安易にそんなことできないのかと、それから音楽でもアニメでもゲームでも、自由に使えない不便さを意識するようになりました。

それから早10年。時が経つごとにだんだん過敏になっていって、今ではブログとかのレビュー時に商品パッケージ載せるのですら怖くてできないです。

それくらいで問題にこそならない、それは頭ではわかってるのですが、まあ、一種の強迫観念ですね。他人の物を使いたくない、そう思うようになっていきました。

素材屋としてのこだわり

私は音楽・写真を作っていますが、「ミュージシャン」「フォトグラファー」とは言わないし、そういう扱いを受けたくもありません。

素材屋だと胸を張って言いたいです。

なぜならそれらは「私の作品」ではなく「皆さんの素材」だから。
自分の作品を届けるミュージシャンやフォトグラファーではなく、素材を提供する素材屋なんです。

なるべく自由に、なるべくあなたの物として、使って頂きたい。
そんな思いから「商用利用」はもちろん、
「自分の創作物への商品化」「著作表記は任意(推奨)」「二次公開(配布はNG)」などご自由にして頂けるようにしています。

フリー素材も存在する中で「有料」な理由

無料にできるのならしたいです。
でもすでに購入頂いてるので、今更無料にはできないんですけどね。

有料じゃないと運営的に厳しいのはありますが、その分の価値は提供しているつもりです。

そもそも有料素材に求められるものは「クオリティ」「被りにくい」「ライセンスの自由度」など様々。

私もクオリティは出来る限りこだわっているし、何より「自由」なのを売りにしています。

音楽の「二次創作・販売OK」写真の「グッズ・商品化OK」は有料だからこそできるライセンスではないでしょうか。
ちなみに原作の自作発言さえしなければ、それら商品化しても著作表記は任意です。

最後に

素材としてのこだわり、著作権などについて書いてみました。

他の素材屋さんにも色々思い、こだわりはあると思います。
そんな中ですが…これからも「より自由に」「より良い」素材を提供できるように頑張ります。

ご覧いただきありがとうございます。

宣伝

1
  このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 前の記事
ブログトップ
次の記事 >>

関連記事

コメント一覧

まだコメントはありません。

コメントを残す

※削除・編集はできないのでご注意ください。(お申し付けいただければ、こちらで削除・修正します)

※こちらで不適切な投稿、又はURLと判断した場合、予告なくそれらを削除する場合がございます。

※ひらがなかカタカナが含まれないと送信されません。

※通常1日以内にお返事しますので、よければご確認ください。

※記事は消すことがあり、コメントが半永久的に残り続けるとは限らない事にご同意ください。

※管理人は絹ごし豆腐以下のメンタルですのでお手柔らかに…傷つく物言いは消します。

名前:
サイトURL(任意):
ダミーフォーム(スパム対策):
コメント: