探せる花図鑑

名前・色・開花・種まき時期・花言葉・誕生花などから探せる、花の図鑑&検索サイト。
ガーデニング(園芸)・鑑賞用・雑草に対応。花の特徴や魅力を紹介。

ヒャクニチソウ(ジニア)ってどんな花?特徴や花言葉、魅力を紹介

投稿:2022/11/23

ヒャクニチソウとはどんな花?

夏の花壇をカラフルに彩ってくれるヒャクニチソウ。

そんなヒャクニチソウについて説明していきます。

ヒャクニチソウの情報

【分類】キク科ヒャクニチソウ属 一年草
【別名】ジニア、百日草
【原産】メキシコ

【開花時期】5~11月
【種まき時期】4~6月(発芽温度20~25℃、覆土あり)

【花色】ピンク、赤、白、黄色、オレンジ、緑
【花言葉】不在の友を思う、注意を怠るな、幸福
【誕生花】8/6

ヒャクニチソウの特徴

別名ジニア。

初夏~晩秋にかけての100日といわない長い間、次々花を咲かせ続けます。
花の1つ1つの持ちも長いです。

切り花としてもよく使われる花です。

草丈は20~100cm、花径は4~5cmくらい。

八重咲き、一重咲き、ぽんぽん咲きなど咲き方も、そして色もバリエーションが幅広いです。
どちらかというとビビットな色が多いイメージで、夏の花壇をカラフルに、そして鮮やかに彩る定番の花でしょう。

葉の縁にギザギザはなく、1枚からなるよくある単葉。

花言葉は開花時期が長いことにちなんでいます。
「不在の友を思う」は長い時間会えない人を思うこと、「注意を怠るな」は長い時間の経過で注意力が薄れていくことからです。

この花の魅力

なんといっても開花期や花の長さ、そしてバリエーションの豊かさが魅力でしょう。

長い間カラフルに、たくさんの花を咲かせますから夏~秋のお庭の彩りに大活躍です。
結構花びらがしっかりした印象に見え、それが一層存在感があるように思えます。

特徴的な見た目ですが、キク科らしい可愛らしさも持っているのが好きです。

写真

ヒャクニチソウについてでした。

ご覧いただきありがとうございます。

宣伝

ツイート
Facebook
はてブ

他の花を見る

コメント一覧

まだコメントはありません。

コメントを残す

※削除・編集はできないのでご注意ください。(お申し付けいただければ、こちらで削除・修正します)

※こちらで不適切な投稿、又はURLと判断した場合、予告なくそれらを削除する場合がございます。

※ひらがなかカタカナが含まれないと送信されません。

※通常1日以内にお返事しますので、よければご確認ください。

※記事は消すことがあり、コメントが半永久的に残り続けるとは限らない事にご同意ください。

※管理人は絹ごし豆腐以下のメンタルですのでお手柔らかに…傷つく物言いは消します。

名前:
サイトURL(任意):
ダミーフォーム(スパム対策):
コメント: