探せる花図鑑

名前・色・季節・種まき時期・花言葉・誕生花などから探せる、花の図鑑&検索サイト。
主にガーデニング(園芸)・鑑賞で楽しまれる花の特徴・魅力を紹介。

ヒマワリ(向日葵)ってどんな花?特徴や花言葉、魅力など

ツイート
Facebook
はてブ

ヒマワリとはどんな花?

向日葵とも書く、夏を代表する花でしょう。

夏になると大きく鮮やかな花を咲かせる、ポピュラーな花です。

ヒマワリの情報

ヒマワリ

【分類】キク科ヒマワリ属 一年草
【原産地】北アメリカ
【開花時期】7~9月頃
【花色】黄色、赤、白

【花言葉】憧れ、あなただけを見つめる、情熱 など
【誕生花】7/6、7/20、8/2、8/5、8/31 など

ヒマワリの特徴

「日回り」という表記もあります。
その名の通り太陽を向いて咲く姿は印象的ですよね。

ヒマワリは蕾をつけるまでの間、太陽の方を追いかけて動きます。

これは茎に含まれる成長ホルモン「オーキシン」の影響です。
「光が当たらないと濃度が上がる」という性質から、陰になっている部分で成長が促され、結果太陽に向かって屈曲します。

花を咲かせると、この動きは止まります。

花は実は小さな花がたくさん集まってできており、1つの大きな花に見えます。
キク科に見ることがある特徴です。

ヒマワリの大きさは品種によって様々で、草丈2~3m、花径20~30cmほどのものから、草丈~30cm、花径10cmほどのコンパクトなものまであります。

葉っぱが大きなハート型をしているのも特徴的。大きなお花とよく似合い、青空に映えますね。

花色は黄色のイメージありますが、白や赤もあるようです。

この花の魅力

太陽に向かって、鮮やかで大きなお花を咲かせるひまわり。
このまっすぐなイメージはまさに、「あなただけを見つめる」「情熱」といった花言葉がぴったりです。

明るく前向きな花姿には夏の訪れを感じさせ、また元気づけられる方も多いでしょう。

一面に広がるひまわり畑も美しいもの。
空とのコントラスト、ハッとさせられます。

美しく輝く黄色い大輪の花。ひまわりには前向きな魅力を感じます。

育て方の概説

栽培カレンダー

発芽温度は20℃以上。種まきは暖かくなってから。
1cmくらいの深さで、上から土をかぶせます。発芽まで10前後。

植える場所は日当たりのいい場所へ。

鉢植えの水やりは「土の表面が乾ききったらたっぷりと」。地植えは乾燥が続いた場合を除き不要です。
先端の芽を摘む「摘心」は必須ではありません。分枝タイプで、花を増やしたいときに、本葉が5~6枚付く頃にします。

お花の基本の育て方と、「摘心」「本葉」などの用語解説はこちら
だいたいの花はこれがベースです。

写真

定番的な青空+黄色いひまわりの写真。

ヒマワリ

赤い・白いひまわりもあります。

赤いヒマワリ

白いヒマワリ

以上、ヒマワリについてでした。

関連する花

コメント一覧

まだコメントはありません。

コメントを残す

※削除・編集はできないのでご注意ください。(お申し付けいただければ、こちらで削除・修正します)

※こちらで不適切な投稿、又はURLと判断した場合、予告なくそれらを削除する場合がございます。

※ひらがなかカタカナが含まれないと送信されません。

※通常1日以内にお返事しますので、よければご確認ください。

※記事は消すことがあり、コメントが半永久的に残り続けるとは限らない事にご同意ください。

※管理人は絹ごし豆腐以下のメンタルですのでお手柔らかに…傷つく物言いは消します。

名前:
サイトURL(任意):
ダミーフォーム(スパム対策):
コメント: