こはるおとの音楽スタジオ

BGMや作詞用の曲素材に!無料で著作権フリー・商用利用可のインストポップ・BGMを紹介しています。
楽曲はゆったり優しいものが多く、「心に寄り添うリラクゼーション系ポップ」をコンセプトに作っています。

とにかくインスト曲が好きなんですっていう話

投稿:2021/09/09 カテゴリー:音楽・作曲

どうも。こはるおとです。

皆さん音楽聴くときって、だいたい何聴きますか?
多くの方はボーカル曲を聴いていると思います。
確か以前、ツイッターでアンケート取ったらそんな感じでした。

巷で流行るのはボーカル曲ばかり。
インスト曲って需要あまりないんですかね?

今回は「インスト曲の良さ」についてひたすらまとめてみます。

インスト曲とは

ここで言うインスト曲は、「ボーカルの入ってない楽曲だけの音楽」全体的に指すとします。
J-POPとかのInstrumental版もそうですし、元々インストの曲もそうです。

インストの良さ

音そのものを楽しめる

歌詞のないインスト曲は、音楽をありのまま楽しめます。
音の心地よさがダイレクトにきます。
このなんとも言えない感覚が、本当に好きなんです。

他にも楽器による雰囲気の違いとか、コードや調の響きとか、曲調そのものとか、音が織りなす楽しさ、魅力が味わえます。

音楽を音楽として聴きやすいのは、歌詞がない良さだと思っています。

邪魔にならない、聞き流しやすい

歌詞がないと、BGMとしても流しやすいです。
作業中の邪魔になりにくいですよね。

それにこの聞き流しやすさは、ただくつろぎたいときとかに最適なんです。
ボーと何も考えず、ただ音楽を流して過ごす。 そんな時間が好きです。

歌詞(言葉)があるとその内容を意識しちゃうし、人の歌声が入るとなんだかくつろげないのは私だけでしょうか。
好みの問題ではありますが、私はリラックスにボーカルは不要かなと思います。

共感できる

ボーカル曲の歌詞内容に共感するのはよくあることですが、インストでもそれはあります。

悲しいときは悲しい曲を、楽しいときは楽しい曲を聴きたくなるものです。
その時の自分の気持ちに合った曲を聴くことは、慰め、癒やし、元気づけられます。(同質の原理らしいです)

心の安定に重宝してます。

解釈の幅が広い

決まった内容がないインスト曲は、様々な解釈ができます。
その時々の気分・状況によって、自分に合った曲に感じられるのは歌詞なしの魅力です。

同じ曲でも「前を向いて頑張ろう」と感じるかも知れないし、「少し休んでいいんだよ」と声を掛けられるように感じられるかも知れません。
私もそういうことよくあります。

ちなみにインスト苦手な人の意見

これは身近な人の意見ですがインスト曲が苦手、聞かない人からすると、くどく感じるそうです。

私も昔はボーカル曲しか聞いてなくて、その当時はインストは退屈でした。

作詞できないからとインスト曲として作り始めたのがきっかけで、インスト曲にハマったのですが、それまではわざわざインストを聴くことはなかったです。

インスト曲好き=音楽好きなのかな

インスト好きこそ真の音楽好き!
インスト好きこそ音楽を分かってる、素質がある!

とかは全く言いませんが、少なくとも音楽大好きでないとわざわざインスト曲を好きにはなりませんよね。

音楽を心から楽しみたくて、心地よくて、好きで。
少なくとも私はそう思うんです。

ボーカル曲が悪いとかそんなことないですが、今の私には合わないかも知れません。
まあ聴くことは聴くのですけどね。

最後に

インスト曲について書きましたが、まあ結局は好みの話です。
どっちを聴くのが正しいとか、そんなことは全くないので好きな曲を好きなように楽しめたらいいですよね。

私はこうして音楽を楽しみます、という話でした。
以上です。ご覧いただきありがとうございます。

2
共有する:

関連記事