こはるおとの音楽スタジオ

有料で著作権フリー・商用利用可のBGM・インストポップ・ボーカル曲をダウンロード。動画や店舗BGMに、日常の音楽に。
ゆったり優しい/明るく朗らかな楽曲作ってます。「心に寄り添うリラクゼーション系ポップ」がコンセプトです。

石畳編みの基本的な編み方をサクッと紹介

投稿:2021/11/22 カテゴリー:ハンドメイド

どうも。石畳編みでかごバッグや雑貨作ってました、こはるおとです。

今回、石畳編みの基本的な編み方を簡単にですが、紹介してみます。
そのうちレシピとか公開しようと思うのでよければ。

ただ、あまり分かりやすくはないかもです…
レシピ公開するのに基本的な編み方がないのはな…と思って書いてるだけなので、分かりづらかったら他のサイトやYouTubeなどをご覧くださいm(_ _)m

ブログにコメント欄は現在ありませんが、掲示板でなら対応できるのでご不明な点はそちらへ。

石畳編みとは

こういう結び目が連なったような技法。

石畳編みの編み目

クラフトバンドというペーパー素材でのハンドメイドでは、定番の編み方だと思います。

強度が高く、型崩れしにくいのが魅力。オシャレですしね。

ここから石畳編みの編み方を説明していきます。

クラフトバンドの割き方

一応クラフトバンドの割き方から。

ハサミで切れ目を入れて、

PPバンドでスーと割いていきます。

石畳編みの編み方(1段目)

逆編みをする

最初の1段目は編み目の裏側の向きをそろえるため、逆編みをします。
(写真は「逆編みした場合」の方が向きミスってます;正確にはこちらは90度回転。とにかく編み目をそろえるための逆編みです。)

縦・横それぞれの紐を半分に折り目を付けます。

折り目を付けた位置で、横紐(濃いピンク)を上、縦紐(薄いピンク)を下に、十字に重ねます。

横紐の左の紐を奥に折り返します。

折り返した紐をさらに手前に折り返し、縦紐の後ろにやります。

この時できた輪っかに、縦紐を通して、折ります。

さらに折った縦紐を、横紐の上を通って輪っかに入れます。

引き締めて1目完成です。

2目目以降も同様に逆編み

2目目以降は、この上に逆編みをします。

これを上下に必要回数分繰り返して、1段目の完成です。
(途中で編んでいる作品自体を180度回転させることで下の方も編みます)

2段目以降の編み方

基本編みをする

最初の1段目だけ逆編みして、後は基本の編み方で編みます。

こうして輪っかを作るまでは逆編みと同じです。

逆編みとの唯一の違いは、この後縦紐を「輪っかに通す」のではなく、「後ろに回し込む」ということです。

そのまま逆編み同様に編んで、引き締めます。

2目目以降を編む

2目目以降も基本編みをしていきます。

縦紐を後ろに回し込むときは、ここの穴を通ります。

これを繰り返します。

慣れたら効率を上げよう

上記の編み方は一回一回折ることで輪っかを作ってましたが、これだと効率が悪いです。

慣れてきたらこんな感じでねじって輪っかにすると早いです。

最後に

本当に伝わりづらいと思います…すみません;

石畳編み、慣れるまでややこしいですが、慣れてみると単純作業です。
この1つの編み方だけで色々と作れちゃうので、ご興味あればぜひ挑戦してみてください!

クラフトバンドによる石畳編み雑貨の魅力が広まりますように!

ご覧いただきありがとうございます。

共有する:
ブログトップ

関連記事