こはるおとの雑記ブログ

音楽・写真素材屋「こはるおとの素材工房」内の雑記ブログです。
思ったこと、お花やガーデニング(園芸)、音楽、ハンドメイド…いろいろ書きます。

私がYouTube投稿をやめた理由。投稿者のやりづらさの正体

投稿:2024/06/03 カテゴリ:ブログ・SNS

YouTube投稿をやめる理由は色々あるかと思います。
「伸びない」「稼げない」などの理由が多そうなイメージあります。

しかし私はそれほど数や成果を求めておらず、それらは理由になりませんでした。
それでも2度やめるに至った理由である、YouTube自体のやりづらさ、居心地の悪さについて書いてみます。

YouTubeのやりづらさ、居心地の悪さの正体

低評価の存在

低評価機能がYouTubeがやりづらい最大の理由です。

深く明確な傷として残るものではなく、じわじわと不鮮明なダメージを溜めてしまうのがこの機能。
無自覚に追い詰められ、気づけば燃え尽きます。

低評価のつらさの最大の原因は「本心を知れない不安」なんだと感じています。
それが誤クリックなのか、良いからこその嫉妬なのか、好みに合わなかったのか、単純に出来が悪いからなのか。
知る術はありません。

それが傷として残るのではなく、不安として搔き立てられます。
傷ならはっきりついて後に癒えるようなものですが、不安は実体に触れられない煙のようなものですよ。
すぐ気づくダメージじゃなく、無自覚のうちにじわじわと心を蝕んでいきます。

だから1回目の時や、早いうちに「これは無理だからやめた方がいい」という判断に至れませんでした。
低評価は駆け出しYouTuberがふるいにかけられる要因になる気がします。

伸びない

YouTubeは最初から伸びません。
気にしないつもりでいても、伸びないと投稿すること自体への虚しさは感じます。

ちなみにニコニコ動画はタグ付けさえしっかりしてれば最初から100ほど再生されます。
一方で大バズにもならないので、YouTubeより再生数の下限と上限の振れ幅が少ないイメージ。

低評価の有無もありますが、これもあってでしょうかね、ニコニコ動画の方がやりやすいんですよね。

音楽制作者がYouTubeをやらない選択肢はあるのか

音楽作ってると、ましてやボカロなら、ほとんどの方がYouTubeやってるように見えるんです。
だから私もやらないといけないような気がしてました。
YouTubeがないとリスナーは不便だと思って。

でも私がリスナー側ならどうかと改めて考えて思ったんです。
「元々知ってる人の曲ならYouTubeは必須じゃない」と。

曲探しには大いに役に立つYouTubeですが、知ってる曲・元々好きな曲を聴きに行くのはYouTubeとは限りません。他サイトでもあれば聴きに行きます。

だから音楽作ってればYouTubeをやらないといけないというのは思い込みだと、今更感じるようになりました。
ホームページやSNS、ニコニコ動画だけでやっていく選択肢もあるのでしょう。

最後に

YouTubeやめた理由について書いてみました。

やってはやめるのも良い事でないのは承知の上ですが、自分を苦しめている部分は徹底的に避けないと活動自体をやめかねないので難しいところです。
ネット活動は長期的なスパンで見る必要あるので、そういう部分が少しでも残ってると続かなくなります。

ご覧いただきありがとうございます。

追記

後日、低評価機能に慣れることに成功しました。
数を受けることで低評価累計5回目くらいから気にならなくなりました。
本当に色々ありましたが、今後はYouTubeできそうです。

1
  このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 前の記事
ブログトップ
次の記事 >>

カテゴリ『ブログ・SNS』の記事

YouTubeとニコニコ動画どっち向き?繊細な人ほど差が出るかも

豆腐メンタルがつらいYouTube低評価を乗り越えた唯一の方法

日記に憧れたブログ、一周回って情報記事が書きやすかった

ネット投げ銭が定着しないのはクリエイターとしてのやりづらさと思う

noteはSEOに強い?弱い?個人ブログと比べた結論【体験談】

コメント一覧 (1/0ページ)

まだコメントはありません。

1/0ページ

コメントを残す

※ひらがなかカタカナが含まれないと送信されません。
※不快な言葉遣い、傷つく物言いは即刻消します。

お名前:
サイトURL(任意):
ダミーフォーム(スパム対策、入力不要):
コメント: