こはるおとの音楽スタジオ

BGMや作詞用の曲素材に!無料で著作権フリー・商用利用可のインストポップ・BGMを紹介しています。
楽曲はゆったり優しいものが多く、「心に寄り添うリラクゼーション系ポップ」をコンセプトに作っています。

無料の歌声合成NEUTRINO めろう、レビュー。穏やかポップに最適

投稿:2021/10/14 カテゴリー:音楽・作曲

どうも。こはるおとです。

私はインストポップスとして作曲してますが…やっぱり歌詞も欲しいんですよね。笑

私は歌声が落ち着いた曲に向いてなくて(明るいポップタイプか高音はソプラノ感ある)、自分の曲は歌えません。というかそれ以前に家族に歌声の公開を禁止されています。

そんな訳で歌声合成ソフトNEUTRINOのめろう入れてみたのでご紹介します。

使い方

簡単に説明します。
めちゃくちゃ分かりにくいと思うので詳しくは「NEUTRINO 使い方」などで各自お調べ下さいm(_ _)m

めろうをダウンロード

公式サイトからダウンロード、展開します。

MuseScoreで打ち込む

最初にMuseScoreという楽譜作成ソフトで音符・歌詞ともに打ち込んでおきます。(ダウンロード、インストールが必要)

音符で打ち込み、歌詞はCont+Lで入力できます。

それを「musicxml(非圧縮)」でエクスポートします。

musicxmlファイルを移動

作ったmusicxmlファイルを、フォルダ「NEUTRINO」→「score」→「musicxml」に移動します。

Run.batを編集

右クリック→編集で、Run.batを編集します。

「set BASENAME=*」の*のところを、作ったmusicxmlファイル名(半角英数のみ、拡張子省略)に変更します。

Run.batを実行

Run.batをダブルクリックしたら実行され、wavファイルとして書き出されます。

実際に使ってみた

最近の歌声合成ソフトはすごいですね、無料ですが無調声でもナチュラルにリアルに、歌ってくれます。

自作曲を歌わせてみました。
作詞&ミックス雑ですみません;

めろうのメリットや特徴

穏やかでストレートなポップに似合う

まさに私が作るような、しっとり穏やかなポップスにもよく似合います。
優しい癖のない歌声です。

そういう曲を作られてる方には、是非おすすめしたいです。

商用利用可

めろうのライセンスを見てみると、「商用・非商用問わず利用可」「使用報告は任意」と書かれています。

使いやすいですね。

個人的にすごく癒やされる

私の感想ですが、とても癒やされる歌声です。

というのも私、ボーカル曲聴かないんですよ;
肉声も電子音もあまり好きじゃないところありますが、これは癖の少なさから自然に聴けます。
嫌いって言ってるわけではないです。聴くときは聴きます。

最後に

調声なしでここまで歌ってくれるので、手軽にボーカルを取り入れたい場合、とても便利です。

皆さんもよければご参考に。
以上です。ご覧いただきありがとうございます。

0
共有する:

関連記事