こはるおとの音楽スタジオ

BGMや作詞用の曲素材に!無料で著作権フリー・商用利用可のインストポップ・BGMを紹介しています。
楽曲はゆったり優しいものが多く、「心に寄り添うリラクゼーション系ポップ」をコンセプトに作っています。

日記を書いていて感じたメリット3つと、日記の書き方まとめ

投稿:2021/10/05 カテゴリー:その他・雑記

日記の書き方見出し画像

(見出し画像つけてみたかった)

どうも。

私、実は昔から日記を書くのが好きでした。日記を初めて書いてもう12年くらいです。
今はあまり書かなくなったけど、やっぱり書いてみると良いものだなぁと思います。

今回、日記を書いて感じたメリットをまとめてみます。

なぜ日記を書くのか

日記を書く目的は様々です。

思い出として残したい、考えを整理したい、なんとなくでも書いてたり。

誰かに見せるわけでもないけど、それでも大事な役割があります。

日記のメリット

気持ちを整理できる、吐き出せる

なんだかモヤモヤしたとき、イライラしたとき、泣きたいとき…
良く分からない感情でも書き出してみるとスッキリするものです。

悩みって人に話すとスッキリしたりしますが、それと一緒の感覚です。

また感情を客観視し、自分の中で納得させられるところがあります。
考えが整理でき、ストレスも軽減できると思います。

思い出になる

日記はあとで読み返して懐かしむのも楽しみの1つです。

思い出としていつまでも残せるので、大事な出来事でも鮮明に思い出せ、忘れずに済むところもあります。

同時に写真撮ったりもしてましたね。
あとで見返すのは好きでした。

あとは記憶を正確に残せるため、人にその時のことを聞かれたときにも便利ですね。

考えの記録になる

自分だとブログ書いたりしてますが、日記をネタ帳として記録することもできます。

そうでなくてもその時々に考えたことを忘れる前に残しておくことで、今後に役立てられるかも知れません。

自分の考え方を把握することで、冷静になれたりも。

日記の書き方

日記の書き方に特に決まりはありません。
自分に合った書き方をするのが一番だと思います。

感情日記をノートに書く

感情を吐き出すのは手書きの方が吐き出しやすい気がします。
結構その時の感情が筆跡に出たりするので、文字を書くという行為自体にも意味がありそうです。

内容は、ありのままに書き出ます。
吐き出すうちに、気持ちが落ち着いて冷静になれるものです。

出来事を記録する

ノートやスマホなどに、あったことを記録していきます。
特に感情を吐き出す目的でもなければ、スマホが手軽です。

後にしっかり読み返したいのであれば、私はそれを印刷してファイルに挟んだりしてました。
スマホなどデータは埋もれやすいので、あとで読み返しやすい一つの工夫かなと思います。

思考を書き出して整理する

自分の考えを分析する役割もあります。

自分の思考を文字に起こすことで、冷静に見つめ直すことができます。

整理が付きやすくなると、人と話す際にもそれがぱっと出てきやすくなるのではないでしょうか。

ブログやSNSに書く

誰かと共有したい場合は、ブログとかも手です。
反応をもらえたら嬉しいもの。同じ考えの人と繋がれたりするとなおさらです。

しかし、意外と継続にエネルギーがいるのはデメリットです。

特にSNSは人の反応を気にし、振り回されやすいので気にしやすい人はブログにとどめておくのがオススメです。
ブログはアクセスされにくいというデメリットもありますが…

そこは割り切れる方に勧めます。

個人的に日記を書いてて良かったこと

私個人的には、日記は書くことそのものが楽しかったです。
上記に上げたメリットもありますが、日記自体も立派な1つの趣味になると思います。

何にも縛られない、自分だけの記録というのもいいなと、ブログ書いてて改めて思いました。

最後に

日記の良さとか書いてきましたが、人によっては負担になるかもです。
あまり深く考えず、毎日でなくても、気軽にかけるものであればいいなと思います。

以上です。ご覧いただきありがとうございます。

0
共有する:

関連記事