こはるおとの音楽スタジオ

BGMや作詞用の曲素材に!無料で著作権フリー・商用利用可のインストポップ・BGMを紹介しています。
楽曲はゆったり優しいものが多く、「心に寄り添うリラクゼーション系ポップ」をコンセプトに作っています。

ブログコメント欄の必要性。理由なければ設置がお勧め

投稿:2021/10/04 カテゴリー:ブログ・SNS

どうも。

私はフルスクラッチサイトで、PHPに悩んでまでコメント欄を付けた派です。

↓うちのコメント欄

ブログのコメント欄

今回は、コメント欄の必要性と、メリットデメリットを書いていきます。

ブログコメント、オワコンとか言われることもありますが…こんな考え方もあるのでご参考に。

コメント欄の必要性

結論から言うと、「基本的にはあっていい」と思います。

それは以下のメリットを感じてるからです。

交流ができる

ブログというのは孤独なもの。
そんな中で同じブロガーさんや、読者さんと交流できるのはモチベーションに繋がります。

ちなみに「交流はSNSで十分」なんて意見も聞きますが、私はそうとも思えません。

みんながみんなSNSアカウントを持ってる訳じゃないし、私みたいにSNSが苦手な人もいます。

そういう人からすると、感想を手軽に残せるコメント欄はありがたいです。
あと私はブログコメントのSNSとも違う、お手紙のようなゆったりした時間の流れが意外と好きです。気楽です。

感想や意見が貰える

記事ごとに感想や意見をもらいやすいのもメリットです。

間違いの指摘や、参考になること、色々あります。
今後の記事に活かせる貴重な機会です。

地味にSEO効果がある

検索してみると、Googleの中の人が「活発なコミュニティは効果あり」と言ってたそうです。→ブログコメント SEO

また、コメントもコンテンツの一部として扱われ、情報の補完に繋がります。

コメント打つ時間を考えると、滞在時間も上がると思います。

健全なコメントが多く貰えれば、SEOにも効果があるでしょう。
私もコメントの文字数が記事本文より多いくらいの記事で、ちょうど検索1位を取った経験があります。偶然の可能性もありますけどね。

活発な印象を与えられる

コメントがついていれば、訪問者に活発なサイトだという印象を与えられます。

そういう場合に他の方も、さらにコメントを残しやすくなるのもあります。

コメント欄のデメリット

コメントスパム

対策してれば減りはしますが、コメントスパムが来る可能性があります。

基本は無視しましょう。

批判、誹謗中傷

投稿してる内容や知名度によっては、批判や誹謗中傷が来る可能性があります。

これが一番の懸念ではあります。

私もこれに耐えられるほどのメンタルは持ってなくて、もし来たらコメントを閉鎖するかもです。

そもそもコメントが来ない可能性

幸い私はコメントをたまに頂けてますが、全く来ない可能性もあります。

そうすると設置してること自体がむなしいかも知れません。

結局はケースバイケース

私はコメントの設置を勧めますが、人によっては設置すべきでない場合もあるでしょう。

結局は一概には言えない話です。

でも、特に理由がないならメリットが大きいかなぁと思っています。
状況を見て決めましょう。

ちなみに:コメントのもらい方

検索エンジンからコメントを貰うことは稀です。
ゼロじゃないですけどね。

一番確実なのは、他の方のブログにコメント残して回る「コメント回り」、あとはツイッターとかであえてコメントを募集してみるとかです。

検索エンジンから貰えるケースは、私の場合は「素直な感情を吐き出したとき」でした。

だいぶ前のブログで、推しへの色んな思いを吐き出してると検索エンジンからのアクセスでコメントがつきました。60PV程度だったと思います。

一方、情報、メディアとしての記事は500PVを超えてもコメントが付きません。
web拍手をたまに頂くことはあります。

きっと役に立つというよりは、感情に訴えかける内容ほどコメントが付きやすいのでしょうね。

おまけ:こんなコメント欄・返信が嬉しい

おまけです。
こんなコメント欄やコメント返信は、残す側も嬉しいという話。

コメント欄にウェブサイト記入欄がある

自分がサイトを持っている場合、ウェブサイト記入欄があると嬉しいです。

自分のサイトも見てもらえるかも知れないし、そこからお互いのサイトを見合う関係になる可能性もあります。

そんな繋がりが生まれるのは、嬉しいことだなぁとしみじみ思います。

あと、被リンクつくかもです。
ほとんどはnofollowなので効果は薄いかもですが、サーチコンソール見るとちゃんと被リンクとして見られてはいました。

メールアドレスは任意

一方、メールアドレスの記入は任意の方がコメントしやすいです。

入力自体が手間ですし記入に不安を感じる人もいるかも知れないからです。

コメント返信は相手に興味を持って

これは私もやってしまってたのですが、「自分語りなコメント返信」は人を離れさせてしまいます。

「このやり方されてるんですね!いいですね!」に対し、そのやり方やその自分の考えについて長々説明してしまうパターンです。

それ自体は悪くないのですが、簡潔に済ませたほうがいい気がします。

相手の考えに共感し、褒められたところは素直に喜ぶ。
そうされると嬉しいものです。

あとは余裕があれば、相手がサイト持っていたら訪問するとより喜ばれます。コメント残し返すのもいいかも。

最後に

コメント欄について色々書きました。

本当に個人の意見なのでご参考程度に…

以上です。ご覧下さいありがとうございます。

0
共有する:

関連記事