こはるおとの音楽スタジオ

BGMや作詞用の曲素材に!無料で著作権フリー・商用利用可のインストポップ・BGMを紹介しています。
楽曲はゆったり優しいものが多く、「心に寄り添うリラクゼーション系ポップ」をコンセプトに作っています。

ネットでおすすめの創作活動8つと、創作のメリットを紹介

投稿:2021/09/20 カテゴリー:その他・雑記

どうもこはるおとです。

私はもう創作活動歴は長い(作曲7年、ハンドメイド5年、サイト制作2年)ですが、活動してきて学んだことがたくさんあります。

今回は創作活動について、おすすめポイントと学び、メリットなどを語ってみます。

創作は自己表現の手段になるしいいものですよ。

創作活動の種類とメリット

創作活動と言っても種類は様々。

私がしている(していた)ハンドメイド、楽曲制作、サイト制作。
他にもイラスト、映像、写真、文章…いろいろなものが作れます。

自己・感情表現ができたり、承認欲求を満たせたり、趣味や仕事になったり、良いことは沢山あります。

種類は色々あるので、自分に合ったものを探しましょう。
その中で状況別におすすめの活動を紹介してみます。

とことん作りたい(主にフロー型)

制作そのものを目一杯楽しみたいとか、販売する場合は売れたという喜びを直に感じたい場合におすすめの活動です。
分類的にはフロー型(その時々限り)に近いでしょう。

ハンドメイド・DIY

モノ作りも代表的な創作活動です。
元ハンドメイド作家なので結構語れることはあるのですが簡単に。

モノ作りはなにより「作ってる感」がすごいです。
コツコツ制作していく過程にだって意味や楽しみがあるし、完成したときの達成感も大きいです。

販売すれば「物」のやりとりですので、お客様としっかり向き合えるし、梱包・発送する時に特に「売れた」喜びを直に感じます。

デメリットは「体に負担がかかることがある」「作り続けなければならない」ということ。

ハンドメイド系は創作活動の中では体を使う部類に入ると感じています。
個人的に編み物系がつらかったです;無理のないジャンルを選びましょう。

また、創作活動の多くはやめても残し続けることができますが、モノ作りはそれができません。
販売するとなると在庫を持つということが負担に感じる場合があります。(私がそうでした)

反響を感じたい、いつまでも残したい(主にストック型)

特に大きく広がりやすく、またデータなどとして残し続けられる創作活動です。
ストック型(文字通り)に近いでしょう。

作曲

私がしている楽曲制作です。

特に感じているメリットは、「感情表現がしやすい」ということです。
その時々の感情をそのまま曲に反映させるのは、吐き出したようでとてもすっきりします。

そして楽曲は1回作り、公開してしまえば残ります
販売なら最悪やめても収入になり続ける可能性だってあります。

デメリットは「思いついたり思いつかなかったり…スランプになりやすい」ということを感じます。

作曲のアイデアは結構不安定です…私だけですかね?

作詞

作曲の次は作詞です。

作曲同様、感情を吐き出したようですっきりしますよ。
私としては作曲より難易度高いと感じてますが…まあ個人差ありますよね。

作詞も曲のように残せます。

サイト制作

プログラミングやツールを使ったサイト作りです。

思い通りに自分だけのサイトを持てるのはいいものです。
他の創作活動するにしても、ホームページなどはネット上の一つの顔になりますからね。
持っていて損はないです。

デメリットは「ただただ大変」。
私なんて特にプログラミングなどでフルスクラッチしているので、かなりの手間です。

ただワードプレスなどのツール、またはホームページ制作サービスがあれば、知識はなくても(少なくても)思い通りのサイトが作れたりします。

イラスト

イラストは特に代表的な創作活動です。
特にキャラクターものはネットでもよく見ますね。
個人的にオリキャラ持つの憧れます。

イラスト制作も自分の感性を表現するのにうってつけでしょう。
私自身、イラスト活動はほんの少しかじった程度なので、言えることは少ないですが…
感じたもの・見たものが形になる感覚が、楽しかったのを覚えています。

デメリットは「できる・できないの個人差が大きい」ということでしょうか。
勉強だけでどうにかなる話でもない気がします。私もできなさ過ぎて、今は離れています。

映像制作

今の時代、映像が作れれば有名になれる可能性があります。
YouTubeがありますからね。

動画制作は意外とフリーソフト(アプリ)でも簡単・高クオリティで作れるので、ここまで紹介した中だと初心者でもやりやすい…気がします。個人の意見です。

デメリットは時間を要すること。
動画作りはどんなに簡単なものでも、私は1~2時間はかかりました。
本格的にやるとか、YouTuberの方とかだとそれ以上に、何時間もかかるのでしょうね。

何かの合間を縫ってするには向いてないかも知れません。

ブログを書く

ブログだって文章制作、立派な創作活動です。
また特に多くの人にできる活動でしょう。

思い思いに考えなどを書くのは楽しいものです。
自分が表現できる上に、共感してもらえる可能性もあります。
それでコメント貰えたりすると、モチベーションにも繋がります。

ハンドメイド並みにお客さん(読者さん)1人1人と向き合いやすい活動とも言えるでしょう。

デメリットはうまく文章を書く必要がある、くらいでしょうか。
無料サービスなら経費もかからないし、とても手軽です。

写真を撮る

写真にだって著作権があるくらいですから、創作活動です。
自分の見た風景が1つの作品になるのもいいですね。

クオリティを求めなければ、誰でも、スマホ一つで出来てしまいます

写真、と言っても状況や撮り方によって色んな表現ができるので、それを味わうのも楽しいです。
本当に撮れる方って、どんな思いで撮ってるのかなぁと思います。(私は楽曲のイメージ画像を撮ってるくらいで上手くもないですが)

デメリットは特に思いつきません。

最後に

結局私が経験済み(少しかじったものも含む)の創作活動を紹介しただけになりました(笑)
他にも色々あると思いますが、私には思いつきませんでしたね。

でも総じて言えることは「創作・表現は楽しい」ということです。
好きな方からすると当たり前かもしれませんが、もし「やってみたいな」と思ってる方がいたら、おすすめしたいです。

向いてなかったら無理してやる必要はないですけどね。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
以上です。ご覧いただきありがとうございます。

0
共有する:

関連記事