こはるおとのホームページ

石畳編みのかごバッグや雑貨などハンドメイドしたり、楽曲制作しています、こはるおとのホームページです。それらは販売中。
「丈夫・オシャレで実用的なかご雑貨」「歌詞はなくても共感できるインストポップ」を目指して制作しています。

個人がブログ・ホームページをフルスクラッチするメリット【自作サイト】

2021/06/30 20:47 | カテゴリ:ブログ・SNS

どうも。

こういう記事以前書いたことがあったのですが、消してます。すみません。

今回はその書き直しです。

当サイトはフルスクラッチ、つまり完全手作りしてるのですが、こうしてみて感じたことを書いていきます。

これまでアメブロ、Seesaa、FC2、Wordpressとブログを転々としてきた結果、私は自作するのが一番楽だし自由だと感じました。

フルスクラッチのメリット

自由度が高い

自分でデザインし、作ってるだけに自由です。なんでもできます。

好きなところに好きなパーツ入れられるし、ページごとに機能・デザインを変えることもできます。

特に無料ブログなんかだと、制限多いですからね。
Wordpressもカスタマイズの幅は広いですが、意外に思い通りにいかなくて面倒でした。いちいちプラグイン必要ですし…

自分で作ってそこの不満はゼロです。実装は大変ですけど;

コードの把握がしやすい

これはWordpress使ってて思ったことですが、「どこに何のソースコードがあるか分からない」んです。
「ここはこうしたいなぁ」が本当にやりづらい。

一方自分で書いていればどこに何を書いて、どう機能してるか、把握できます。

このコードのややこしさがWordpressやめた一番の理由です。
フルスクラッチの方が断然作りやすいです…

サイトが軽い

自分で作ってるとコードは必要最低限。サイトが軽くなります。

当サイトも既存ブログサービスなどとに比べるとそれなりに軽い、表示が早いはずです。

サイトの表示速度ってユーザービリティに影響大きいですからね。

フルスクラッチのデメリット

勉強が必要、実装が大変

サイト制作に必要なプログラミングなどの言語はHTML、CSS、PHP、Javascript。

当サイトレベルならそんなに難しいことは必要ないですが、それでも基本的な知識は必要になります。

すべて自分で実装するので知識次第ではできることが限られることもあります。
メリットの「自由度が高い」も完璧ではないですね。

そのそもそもの大変さが最大のデメリットです。

更新が手間

自分でCMSを作ってるとかならまだしも、手動更新だとちょっと手間です。
いちいちページを作って書き込んでるので。

とはいえほとんどPHPで共通化してますし、めちゃくちゃ面倒という訳ではないです。

本当に面倒になった時はCMSを作ればいいですし。(そこまでするほどでもない感じです)

それよりも、手動だと部分的にカスタマイズしやすいというメリットが勝ちます。

ちなみに、ぶっちゃけWordpressって

本格的なブログ作りとなるとどこサイトでもすすめられているWordpress。

でも私はデメリットが気になります…。

・セキュリティ管理が面倒、オープンソースだけに脆弱性がある
・何をするにもプラグインが必要
・上記の通りコードが把握しにくい
・結局カスタマイズや機能に制限はある(フルスクラッチと比べると)

個人的に、自由度を求めるなら断然フルスクラッチがいいと思っています。
個人ブログのような小さい規模だとなおさらです。(規模が大きくなるとさすがに大変)

最後に

ブログフルスクラッチについて書きました。

自由を求めるならフルスクラッチ以上のものはないと思っています。
知識的な限界はあるかもですが…;

それにしても正直サイト作るまでは、自分がプログラミングなんてする日が来るとは思ってなかったです。笑

以上です。ご覧いただきありがとうございます。

拍手やご感想などのコメントよければ頂けると嬉しいです。いつも励みになっております^^

0
共有する:
<< 前の記事 TOP 次の記事 >>

関連記事

コメント一覧

まだコメントはありません。

コメントを残す

【ご一読下さい】

・削除・編集はできないのでご注意ください。(お申し付けいただければ、こちらで削除・修正します)

・コメントには通常1日以内に返信しますので、よければご確認頂けると幸いです。(コメントにいいね機能を付けています。既読代わりにもご利用どうぞ。コメント入力途中にいいねすると再読み込みでリセットされるのでご注意。)

・上から3番目のフォームはスパム対策のためのダミーフォームです。何も記入せずに送信下さい。

・日本語が含まれない、又は漢字のみのコメントは送信されません。

・コメントやURLについて、こちらで不適切なものであると判断した場合、予告なくそれらを削除する場合がございます。

名前:
サイトURL(任意、ご自身のサイト、ブログ、SNS等):
記入は必要ありません(スパム対策):
コメント:
   

非公開メッセージはメールフォームからどうぞ。