こはるおとのホームページ

石畳編みのかごバッグや雑貨などハンドメイドしたり、楽曲制作しています、こはるおとのホームページです。それらは販売中。
「丈夫・オシャレで実用的なかご雑貨」「歌詞はなくても共感できるインストポップ」を目指して制作しています。

石畳編みのショルダーかごバッグ(薄ピンク)の紹介【ハンドメイド販売中】

2021/06/28 21:32 | カテゴリ:ハンドメイド作品紹介

どうもこはるおとです。

今日もハンドメイド作品紹介です。ショルダーバッグ作りました。

前回紹介した「フタ付きかごバッグ(手持ちタイプ)」と同じカラー、可愛くも大人な薄ピンク。

ショルダーって手が空くし、便利ですよね。
かごバッグ自体も非常に扱いやすく仕上がってますので、使い勝手のいいショルダーかごバッグだと思います。

肩紐はくすんだピンク、落ち着いた印象になってます。

ショルダーかごバッグ薄ピンクです

石畳編みのショルダーかごバッグ薄ピンク

内布

サイズ感

ペーパー素材『クラフトバンド』で技法『石畳編み』をしています。

内布&内ポケット付きなので中が見えにくく財布や鍵を入れても安心。
そして内布があることで、格段に使い勝手も良く仕上がりました。

天然素材のような引っかかりがない手触り、程よいしなりなどペーパーかごバッグならではの扱いやすさを持っています。

強度は高く、耐荷重10kgはゆうに超えます。(→強度の調査記事)

このショルダーバッグは他のSサイズシリーズと同じサイズで、財布やスマホなど最低限の物を持ち歩くのに最適な小さめサイズです。横幅約22cm、マチは広めで約10cm。

肩ひもは長さ調節可能で、75~140cmになります。

以上は定型文。

このショルダーシリーズは単色ですが、だからこそ石畳編みの編み目が引き立ち可愛らしいと思います。
これがシックなカラーだと「オシャレ」という表現に変わる感じします。

程よい甘さの落ち着いた薄ピンク。
大人の方にも持ちやすそうですし、私とかピンク好きにぴったりです。

記事の投稿日時点だとちょっと季節外れてますが、春色ですね。(私は年中持ちますが笑)

制作の話

ショルダーストラップ(肩紐)のカラーは悩みました。素材は通販で仕入れてるのですが色が合わなくて3回くらい頼み直してます(笑)

ベージュに始まり濃いピンク、淡いピンク、どれも違うなと落ち着いたのはこのくすみピンク。

クラフトバンドにピッタリ合う色のカラーテープってなかなかなくて…
最終的にこの色に落ち着きましたが、大人な印象になって良かったと思っています。

それとなんですが、今回は内布の縫い付け写真撮ってました。

内布縫い風景

普段からこんな感じで縫ってます。

縫い付けは丈夫な糸2本取りで本返し縫いしてるので、結構しっかりしてます。

安い糸で縫うと負荷でぶちぶちって切れてたんですが、今はそれが起こりにくくなりました。
のちに達成した耐荷重50kgも、この糸のおかげもあります。

色々作ってきましたが

そういえば昔、商品化する前はショルダーの肩紐もクラフトバンドで作ってて、かけると痛かったのを思い出しました。

縫い物ができなかった時期の話で、結構前です。

それから縫い物できるようになって内布とかもつけ始めたのですが…

石畳編みハンドメイドを始めてからの5年間、ショルダーでもかごでもずっと試行錯誤してきたんだなぁと思い返します。

上達もして工夫も重ねてて、今が最高の作品だといいなと思います。

以上です。ご覧いただきありがとうございます。
それにしても更新遅刻魔だな…(一応20時台更新を予定してます)

拍手やご感想などのコメントよければ頂けると嬉しいです。いつも励みになっております^^

0
共有する:
<< 前の記事 TOP 次の記事 >>

関連記事

コメント一覧

まだコメントはありません。

コメントを残す

【ご一読下さい】

・削除・編集はできないのでご注意ください。(お申し付けいただければ、こちらで削除・修正します)

・コメントには通常1日以内に返信しますので、よければご確認頂けると幸いです。(コメントにいいね機能を付けています。既読代わりにもご利用どうぞ。コメント入力途中にいいねすると再読み込みでリセットされるのでご注意。)

・上から3番目のフォームはスパム対策のためのダミーフォームです。何も記入せずに送信下さい。

・日本語が含まれない、又は漢字のみのコメントは送信されません。

・コメントやURLについて、こちらで不適切なものであると判断した場合、予告なくそれらを削除する場合がございます。

名前:
サイトURL(任意、ご自身のサイト、ブログ、SNS等):
記入は必要ありません(スパム対策):
コメント:
   

非公開メッセージはメールフォームからどうぞ。